窓のあきスペースにモニタ・ディスプレイを置くとことで店舗広告ができます。
42インチ46インチ55インチ窓枠におさまる丁度いいサイズの業務用モニタをご用意しております。

 

日中の直射日光に一般的なテレビのディスプレイは負けてしまい画面が黒く映ります。業務用に開発されたウインドウモニタは2000〜2500cm/u超高輝度なので太陽光にもまけず日中でも鮮明に映像を映し出すことができます。




■解像度:1920×1080pixels
■画面サイズ:930×523mm
■輝度:2500cd/u
■電源:100〜240V
■外形寸法:965×558mm
■再生機別売





■解像度:1920×1080pixels
■画面サイズ:1018×572mm
■輝度:2500cd/u
■電源:100〜240V
■外形寸法:1051×606mm
■再生機別売




■解像度:1920×1080pixels
■画面サイズ:1209×680mm
■輝度:2000cd/u
■電源:100〜240V
■外形寸法:1244×715mm
■再生機別売






液晶パネルは映像を映し出すだけで発光するわけではありません。液晶パネルを明るく照らすにはバックライト
LEDやCCFL(蛍光管)を使用し液晶パネルを照らす必要があります。この明るさが明るいほど輝度が明るいと
いうことになります。単位はcm/uで表し1平方メートル当たりの光量となります。屋外でスマホ画面やデジ
カメの画面がみずらくなるのはバックライトが暗いから画面が暗くなるわけです。


交差点やパチンコ屋さんに設置してる大型のモニター最近ではテレビのようにきれいに画像を映し出しているのでよくテレビの大きなものと勘違いをされますが、液晶ディスプレイとはまったくの別物です。LEDビジョンは赤・緑・青のLEDが直接光り輝くことで映像を映し出しています。近くでみるとLEDの粒があるのがはっきりとわかります。この粒のピッチが狭ければ狭いほど、テレビのような画質に近づきます。輝度は5000カンデラと一般モニターの10倍以上の明るさです。屋外広告を目的とする場合遠くにいる人や車に向かって存在感を主張しなければいけません。明るければ明るいほど光が遠くまで届き目立つということです。屋外広告物にとって明るさは重要なのです。

室内では明るさが必要ないのでバックライトを明るくする必要がないため直射日光下ではつかえません。直射日光を受け続けると故障の原因となります
輝度の高い業務用のディスプレイです。太陽光のあたる店内での利用はできますが、屋外に向けて窓に設置するには難しく太陽光に負けてしまいます。
太陽光下でも十分に視認できる明るさです。LEDビジョンに近づく明るさで遠くにいる人にも存在感をアピールすることができます。
RGBのLEDが直接発光するので太陽光下でも負けない屋外向けビジョンです。まぶしく輝くLEDは遠方からでも目立ち看板効果に優れています。

一般向けとの値段に差があるのは大量生産品との差もありますが、バックライトの明るさが製造コストにもおおきくかかわってくるからです。
本製品は屋内用です。直射日光は故障や品質劣化の原因になりますので必ず、赤外線カット対策、紫外線カット対策、温度対策を実施してください。モニターを窓から離して設置下さい。





16:9のモニターを半分の16:4.5にしたデザイン性の高いスリムなモニターです。
繋げて仕様したりとアイデア次第で店内をカラフルな映像で演出したりできます。




■解像度:1920×540pixels
■画面サイズ:919×258mm
■輝度:1000cd/u
■電源:100〜240V
■外形寸法:962.6×304.9mm
■再生機別売





■解像度:1920×538pixels
■画面サイズ:1209×339mm
■輝度:1200cd/u
■電源:100〜240V
■外形寸法:1230.55×342.9mm
■再生機別売






お店の商品やメニューを映像で分かり易く紹介します。店内や店頭で放映することでお客様が簡単にメニューや商品内容を確認することができます。
店頭でチラシ情報を流すことで、販売意欲をたかめる効果があります。チラシの情報が凝縮されバーゲン商品キャンペーン商品が分かり易くお客様に伝わります


















つぎつぎと流れる商品が、お客様の足を止め購買意欲を高めます。シーズンバーゲン品から期間限定商品等をCM動画でスムーズに伝えることができます。